バレ アグン寺院の大祭(1) ムラスティ

Eedan Karya Ngusabha Desa Lan Ngusabha Nini
Desa Pekraman Peliatan


・・・というのが、現在プリアタン村で行われている、
バレ アグン寺院 の大祭の正式名称です。

バリ島には大小様々、無数のヒンドゥ寺院があり、
それぞれの寺院に オダラン と呼ばれる寺院の<紀元祭>の日があります。
ウク暦で210日に一度、あるいはサカ暦で1年に1度、巡ってきます。

今回の大祭は サボニニ といって、このオダランの特別バージョン、
<××周年記念!>みたいな特別イベントなわけです。

バレ アグン寺院の場所はどこ? と何度か訊かれたのですが、
村の鎮守的存在であるデサ&プセ寺院に隣接した小さな寺院です。

敷地が狭いため、行事の際にはデサ&プセ寺院の設備を使っています。

準備はかなり前に始められており、我が家でも夫は早いうちから、
この儀式で演奏するためのガムランの練習に駆り出されていました。

そして、2日前には ムラスティ がありました。
ムラスティというのは、ムキイス、あるいはムリス、ともいい、
大きな宗教行事の前に、ご神体を海で清める、禊ぎ的な行事です。

サカ暦の新年ニュピの前に行われるのが有名ですが、
それ以外でも、オダランの前などに、よく行われています。

今回は特別な大祭ということで、村の全ての寺院の神様(=ご神体)が、
儀式の期間中、バレ アグン寺院に集うことになっており、
ムキイスにも仲良く一緒に出向きました。

村にはいくつもの寺院があり、沢山の神様がいます。
そして、それぞれに檀家があります。
様々な形態をした幾柱もの神様と、大勢の檀家の人々を満載した大型トラックが、
何台も何台も車を連ね、海へ向かって走っていく姿は壮観、
道行く人は足を止めて見送り、
擦れ違う観光客は興奮気味にカメラを向けてきます。

さすがに走っているところの写真は撮れませんでしたので、
海での写真を・・・


20130328-01.jpg

20130328-03.jpg

20130328-02.jpg

20130328-04.jpg

20130328-05.jpg

20130328-07.jpg


絵になる光景で、何度行っても、毎回ゾクゾクするんですが、
日陰のない海での待ち時間がやたらと長く、ものすご~く暑いです・・・
バリ人にくっついて同行してみたいという方は、
傘(日傘にも雨傘にもなる)、サングラス、水を忘れずに。


↓ 参考写真。
20130328-06.jpg
夫です・・・
たまたま風邪ひいてたのでマスクまでして、ただの変質者・・・



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。