バリ建築の彫刻

昨年11月に バリ建築の柱 の題名で記事で書いた、我が家のバレ。

あれから三ヶ月以上が経過しましたが、
まだ、完成しておらず、ようやく最終段階に入ったところで、
昨日から、石の彫刻師が通ってきています。


140213_01.jpg
こんな身分不相応な建物になったのは、全て夫の暴走が理由です。
私のプロジェクトなら、もっと地味に質素にやります・・・(←貧乏性)
結局、全部でいくらかかったのか、怖くて訊いてません(汗)。
建物のデザインも全て、夫。
ないはずの絵心を振り絞って、デザイン画を描きまくってました。



夫はガムランでも日本語でも何でも、
熱中すると、我を忘れてとことん没頭してしまう性質なんですが、
今回のバレ建築にかける情熱も、傍で見てて、呆れちゃうぐらいでした。

とは言うものの、私も、職人さんの作業風景を見るのは大好きで、
叶うものなら、一日中、見物していたいところなのですが、
そうもいかない状況に置かれているため、
とりあえず、作業の様子を写真に撮らせていただきました。


140213_02.jpg
鉛筆でアタリを入れ、

140213_03.jpg
鑿と槌とで穿ちます。



職人君、昨日のお昼ぐらい?から来始めたんですが、
これは今朝、撮影した写真です。
半日足らずで、バロンちゃんの顔がほぼ形になっています。
仕事、早いです。

こんなことなら、ブロック石状態だったところから、
写真に撮っておくんだったと後悔。まさか、こんなに早いなんて。

この職人さんはまだ若く、大まかな形を削り出すのが担当で、
これができたら、細かい仕上げを行う職人さんが別に来るらしいです。
修行中の下積み君と、ベテラン職人とで、コンビを組んでいるんでしょうね。
まだ下積み君らしい、とは言っても、作業に迷いはなく、
「うは~」と感心する速度で彫り進めていきます。

毎日、どんな風に進んでいくのか楽しみです。
また、報告しますね。


関連記事 バリ建築の柱 2012/11/08


コメント

非公開コメント

いっつも思うんだけど、バリの石彫りって、現場で彫るんだよね…。
日本人的には(私的?)、
彫刻済みの石を現場に持ってくる方が、普通なイメージなんだが…。
高いところとか、彫るの大変じゃん?

Re: タイトルなし

> いっつも思うんだけど、バリの石彫りって、現場で彫るんだよね…。

うん。そう。

> 日本人的には(私的?)、
> 彫刻済みの石を現場に持ってくる方が、普通なイメージなんだが…。

え~ そう?
私的には、現場で彫るのが普通なイメージ・・・

日本人じゃ、なくなりつつある???

> 高いところとか、彫るの大変じゃん?

ちゃんと足場組むよ。

高いところって言えば、赤プリが縮んでいく現象の方がびっくりだよ。
日本、すごいよ。


じゃ、私の感覚がヘンなのかな~。
ちゃんと工房でじっくり作った方が、普通と思ってたんだけど…。

赤プリは、最新の工法らしいよ。
日に日に縮んでるんだってね…。
東京に住んでるんだったら、毎日、見比べてみたいわ~。

Re: タイトルなし

> じゃ、私の感覚がヘンなのかな~。

いや、私も自信ない。


> 赤プリは、最新の工法らしいよ。
> 日に日に縮んでるんだってね…。
> 東京に住んでるんだったら、毎日、見比べてみたいわ~。

なんか、地味にすごいことのような気がする。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。