新年あけましておめでとうございます。

大晦日は結局、家族で自宅で過ごしました。
はるかが踊って、姪が邪魔して、
そんな様子を、夫や義弟達はビールを飲みながら見物。
こういうのも、悪くないなとしみじみしました。

大晦日の夜8時ぐらいでしょうか。
買い物ついでにに、ウブドの街や周辺をバイクで走ってみました。
まだ、盛り上がるような時間ではないせいでしょう、
拍子抜けするぐらいに、普通でした。
電飾がチカチカ点滅しているのに、お客さんが誰もいないレストランとか。
何の飾りつけもない質素なワルンが、妙に繁盛していたりとか(笑)。
まあ、いつものウブドとあまり変わらない光景でした。

大音響で打ち上げられる花火を背景に、
暗い田んぼでは、蛍が静かに点滅していました。

ウブド王宮脇の集会場では毎年、大晦日はパーティがあります。
すでに賑わい始めていましたが、この時刻は、まだまだという感じ。
後で聞いた話では、カウントダウンはとても盛り上がったそう。
毎年、これを楽しみにしている外国人の人、結構いるみたいですね。

夜の街の照明は、いろんな人の姿を表に浮かび上がらせます。
ブティックの店先で退屈そうに店番しているスタッフ、
いつも通りに、お供えを作りながら店番している萬屋のオバちゃん、
やっぱりいつも通りに営業している屋台の人々と買い物する人々、
プレイステーションの店で一人でプレイする青年、
お客さんの髪をセットしている美容師のお姉さん、
足元に爆竹花火を放られて、悲鳴をあげるスパの呼び込みのお姉さん、
ドリンクや花火を買いに来るお客で混み合うスーパーのレジ係のお姉さん、
ドンチャン騒ぎで思いっきりデンションを上げている地元の青年達、
暗い路地で集まって、内輪で花火大会&宴会をしている人々、
ガラディナーで忙しく走り回るホテルのスタッフ達(お疲れ様です)、
ディナーのショーで踊る踊り子や演奏する音楽家達(こちらもお疲れ様)、
休みなく、お客さんを乗せて走る車の運転手やガイド達(本当にお疲れ様)、
そして、家で静かに普通に過ごす、外からは見えない人々、
新年は全ての人に訪れます。

それぞれに訪れる、それぞれの新年。でも、皆に必ず訪れる。
当たり前のことなのに、やけに素晴らしいことに思えきて、
バイクに乗りながらプチ感動。大晦日マジック?



・・・で。

バリの大晦日と言えば、花火!
とにかく、花火、花火、花火。
我が家の2階は花火見物にはなかなか適した場所なんですが、
あちこちで上がりまくっているのが見渡せました。

ドカーン、バチバチ、ドドーン、ヒューッ
音とたちこめる硝煙は、まるで、戦場みたいでしたが、
バリは平和です。

はるかも小さな爆竹花火を買ってもらって、
裏庭でバチバチさせて遊びました。
72個セット(!)だったので、使い切れず。
残りはニュピだな・・・

バリで売られている花火って、
日本の夏に売られている花火セットに入っているようなのとは違い、
一般家庭向けかい?本当に? みたいな派手派手しいのが多いです。
お国柄ですね。そして、やっぱり怪我人が出る・・・(苦笑)

うってかわって。
翌日の元旦はとても静か、そしてとても普通の日です。

これ、既視感があるな・・・と思ったら、ニュピと同じ。

ニュピはバリの暦での新年ですが、
西暦の新年でも、似たような過ごし方をしちゃうんですね、バリ人。
オゴホゴはないですけど。


20130101-02.jpg
今日は元旦ですが、ものすごくフツーの日。いつも通りに過ぎていきます。


20130101-01.jpg
集まってくるのも近所の子や親戚の子。見慣れた顔ぶれ。



それでは、今年も宜しくお願いいたします!


コメント

非公開コメント

あけましておめでとうございます。
はるかちゃん、相変わらず、愛子おばあさんに似てますね。
ちなみに今年は私、年女なので、愛子おばあさんが今の
私くらいの頃に、あなた様が誕生したのであります。
ということは、私は既に誕生していて、3歳にはなっていたので
そう思うと、私は、もうおばあさんになってしまったのだなあと
つくづく思います。
良い年になると良いね。はるかちゃんとかでさんによろしく。

Re: タイトルなし

あけましておめでとうございます。


> そう思うと、私は、もうおばあさんになってしまったのだなあと
> つくづく思います。

おねえさんの年で出産する方もいますし、まだまだ。


> 良い年になると良いね。はるかちゃんとかでさんによろしく。

今日もお化粧してます。

今回、初めてBALI HOTEL BOOKさんで予約させていただこうと思い、いろいろと検討している最中の者です。
はじめまして!
つかぬことをお伺いしますが、一番下の写真の左に写っている子は、アンドンのインダちゃんでしょうか??
なにげに似ている気がするのです。
ブログを楽しく拝見させていただいていたら、ご主人がオリさんと、いとこ同士とのことでしたので、もしかして!?と思った次第です。
私は、たしか6年くらい前だったと思うのですが、ラフマットホームステイに滞在しながら、オリさんにバリ舞踊を習っていました。
なんだか不思議な縁を感じてしまいます。

Re: タイトルなし

> 今回、初めてBALI HOTEL BOOKさんで予約させていただこうと思い、いろいろと検討している最中の者です。

ありがとうございます。

> つかぬことをお伺いしますが、一番下の写真の左に写っている子は、アンドンのインダちゃんでしょうか??

そうです。
アンドンのラフマットホームステイの、マデさんの一人娘のインダーちゃんです。


> ブログを楽しく拝見させていただいていたら、ご主人がオリさんと、いとこ同士とのことでしたので、もしかして!?と思った次第です。

オリーちゃんのお母さんと、夫の父と、ラフマットのマデさんは実の兄弟です。
ですので、オリーもインダーちゃんも、夫にとって、従姉妹に当たります。

> 私は、たしか6年くらい前だったと思うのですが、ラフマットホームステイに滞在しながら、オリさんにバリ舞踊を習っていました。

そうなんですね。
夫は昔、ラフマットに住んでいた時代があります。


やはりそうでしたか!
インダーちゃんに最後に会ったのは2歳のときなので、ずいぶんお姉ちゃんになったなと感慨深いです。
実は、マデさんとコマンさんが出会うきっかけを作ったのは私だったりします。
オダランに行きたくて、マデさんに連れて行ってもらったのですが、その時、いつの間にかコマンさんをナンパ!?していたのでした(笑)
日本に帰ってから、結婚報告メールが来たときは、ほんとうにうれしかったです。
オリさんのお母さんにもお世話になったことがあります。
お元気にしてらっしゃいますでしょうか。
マデさんが一緒に暮らしてるおじいちゃんもお元気でしょうか。
2年前に訪ねたとき、足が痛いと言って部屋にこもっていたので、ずっと気になっていました。

Re: タイトルなし

返信が反映されていないのに気付かず、失礼しました。
インダーは、確か、5歳ですね。来年、幼稚園ではないかと思います。
夫の祖父はまだ達者ですが、やはり、足が痛くて歩けません。
祖母(マデの実母)はアンドンのホームステイではなく、
プリアタンの本家で暮らしていましたが、
4年前に亡くなり、今年9月に合同葬を済ませました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。