またまた! バンジャールのオダラン

前回のオダランは大きかったのですが、今回は小さめ。
予算もかなり小さめ・・・

というわけで、
ルランバタン(お寺用インストゥルメンタル・ガムラン)も、
イレンイレン(舞踊付き娯楽芸能)も、他所から呼ぶことなく全て自前。

バンジャール・タルナはとても小さなバンジャールなのですが、
一応、プリアタン村の中心部に位置し、
プリアタン王宮やバレルン・ステージを抱え、芸能家も多いのです。

ただでさえ自己主張の強い芸能家達、さらには大人の事情も加わって、
なかなか一つに纏まれないのが弱点でしたが、
集まればそれなりのものが仕上がることが、前回のオダランで判明。

というわけで、今回も再結成。

見たことあるような写真ばかりかとは思いますが、
またまた、一見は百聞に如かず写真レポ。
見飽きていない方のみ、ご覧下さい。


20121227_01.jpg
BR.TERUNA ・・・誰が置いたのかな。


20121227_02.jpg
ルランバタンのトロンポンは、グヌン・サリやヤマサリのリーダー、
チョ・アリッことチョコルド・アリット・ヘンドラワン氏のご子息で、
バロン舞踊家にして、ご神体のバロンの面を自ら製作もするチョコルド・バグース氏。
お葬式に使うルンブーの製作者でもあり、周囲から一目置かれています。



あ、御父君チョアリ氏は演奏にこそ参加していませんが、
お目付け役として、ギラギラと目を光らせて控えていました。
これも一種の父子共演。

チョ・バグース氏の隣にいるのは、
チョ・バグース氏の甥にあたるチョアリ・ジュニア氏。GBSの一員。
チョアリ・ジュニア氏の実兄のチョ・ダツン氏もガムラン叩いています。
こうなってくると、殆ど一族共演。


20121227_03.jpg
父子共演。夫と舅。
難しいのに目立たない貧乏クジ楽器<レヨン>を、父子仲良く並んで叩く姿が、
我が家のバンジャール内での在り方を表しているような・・・(笑)


20121227_04.jpg
こちらも父子共演。ISI卒のウィジャ氏と長男のウィカ君。

ウィジャ氏は最近は、プリアタンではなく、ウブド王宮で演奏しています。
ウィカ君、前回の自信なさげな姿と演奏に比べると、随分と成長しました。
若者の成長を見るのはいいものです。若い人は、成長も早いし。


20121227_05.jpg
ペンデット。全てバンジャールの若い娘さん達です。今回は少女はナシ。


20121227_06.jpg
センターはお隣のお姉さん(タティック)。女子大生です。


20121227_07.jpg
素顔です。踊り終わった後は、お化粧落として観ていました。
小学生の妹(イタちゃん)は、はるかと一緒に踊りの修行中。

彼女達のお父さんも、ガムラン隊に参加。



家族共演が多いのは、バンジャールの行事だからこそですが、
芸能家を多く出す家と、そうでない家に分かれる傾向は、確かにあります。
血筋なのか、環境なのか。両方なのか?
同じ家で生まれ育った義弟は、芸能には全く興味ないですけど。


20121227_08.jpg
バリス・トゥンガル。舅殿はレヨンからチェンチェンに移動してました。


20121227_09.jpg
レゴン・ラッサム。
チョンドンは、チョ・バグース氏の娘さん。またまた家族共演。
まだ小学生だそう。かわいい~



レゴン2人組もプリの娘さん達。3人共チョコルド(王族)・・・
まさしく、レゴン・クラトン。(宮廷舞踊)


20121227_10.jpg
トロンポンもチョコルド・・・


20121227_11.jpg
左はチョ・アリ氏の娘のチョ・ビンタンです。一族総出演。
つまり、レゴン・ジョボックもチョコルド・・・


20121227_12.jpg
オレッグ・タムリリンガンを踊るのは、
グヌン・サリでオレッグを踊っている、ダユウ・インダーちゃん。
外大日本語学科卒、らしいです。



ちなみに、オレッグの初代踊り手は、うちのバンジャールの出身。
まだ、ご存命です。(というか、まだまだ現役で元気一杯!)


20121227_13.jpg
男性は、先日、男性レゴンを踊っていたグンデ・イスワラ君。
この日は男性として登場。



彼のオレッグ、私は好きです。
ダユウちゃんとイスワラ君の組み合わせ、いい感じで、気に入ってます。


20121227_14.jpg
ジャウック・マニス(柔面のジャウック)。


ウィカ君、ジャウックではクンダンを叩きました。
何でも、クンダンのコンクールに出場する予定とのことで、
家の前を通ると、いつも練習の音が聞こえてきます。
随分上達したと感じました。(以前を知ってるので・・・)

チョ・アリッ氏がウィカ君に対し、熱心にクンダンの指導をつけている姿に、
夫は感動したそうです・・・(この理由がわかる人は情報通)


20121227_15.jpg
テレック。


20121227_16.jpg
なんか、怖いよ~ でも、この怪しさが好きです。テレック。


20121227_17.jpg
ジャウック・クラス(強面のジャウック)。


20121227_18.jpg
これは、シワ神ということになるのかな。
実は物語、よくわかっていません。


20121227_20.jpg
はるかとイタちゃん。
今は学校がお休みの時期なので、翌朝の心配することなく、
夜遅くまで、仲良く一緒に観てました。



テレックの舞踊劇が終わると、そのままニンパンの儀式に突入。
ニンパンというのは、以前にも説明したことがありますが、
直訳すると「しまう、保存する」という意味で、
ご神体を御蔵に納めて、オダランは終了となります。

ではまた次回~!!!



コメント

非公開コメント

プリアタンのBr.Terunaは、芸能家が多いから、
地元調達してもかなり豪華な共演になるよね~。
っていうか、地元調達の方が、レベル高い場合が多いかも…。

>チョ・アリッ氏がウィカ君に対し、熱心にクンダンの指導をつけている姿に、
>夫は感動したそうです・・・(この理由がわかる人は情報通)

本当~?
WikaもWijaも何も言わなかったので、初めて知りました。
かなり感動するわ、私も。
ま、お互い大人になったってことかな?

Re: タイトルなし

noeさん おかえりなさい

> プリアタンのBr.Terunaは、芸能家が多いから、
> 地元調達してもかなり豪華な共演になるよね~。
> っていうか、地元調達の方が、レベル高い場合が多いかも…。

そうかも・・・

サンガルではなく、地縁でのグループだから、
定期公演とかでは、まず観られない組み合わせが実現する。

・・・でもまあ、いろいろあるみたいだけどね。


> 本当~?
> WikaもWijaも何も言わなかったので、初めて知りました。

言わないでしょう・・・(笑)


> かなり感動するわ、私も。
> ま、お互い大人になったってことかな?

う~ん・・・

ここには書けないようなエグい話もあるみたいだけど・・・
でもまあ、地縁は強し。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。