バリ島のポンポン船

ポンポン船って、ご存知ですか?

 ポンポン船の説明(ウィキペディア)

日本人から見ると、レトロな情緒に溢れた玩具ですが、
バリ島では、とりあえず、まだ現役。

VPS


昨晩、参拝に訪れたマスのタマン・プレ寺院の祭礼の露店で、
夫が娘に買ってあげていました。

娘的には「男の子の玩具じゃん」という感じで、
そんなにノリ気ではなかったんですが、夫が買いたかったんですね。

「子供の頃、欲しいのに買ってもらえなかったから」

・・・というわけで、少年の夢、娘をダシに実現。


20120911_01.jpg
久しぶりに間近でじっくりと見ましたが、
なんだか、以前に比べて大きく立派になったような・・・



価格も意外とお高くなっていて、言い値は1万ルピア(約80円)でした。
「え~ 高~」と思ったのですが、
夫はこのレベルの価格の場合、あまり値切りません。
低収入の人達相手に、千ルピア単位で値切るのはイヤだと言うのです。
言い値でそのまま買っていました。太っ腹?

もっとも、外国人ツーリストが買おうとすると、
最初の言い値が3万とか5万だったりするかも知れないので、
その場合は、しっかり値切って下さい。


20120911_02.jpg
ウィキペディアでは「ろうそくで加熱する」とありますが、
ここでは、脱脂綿に料理油を染み込ませたものに火を点けます。


20120911_03.jpg
ポンポンポンポン・・・



以前に比べ、顕かに減りましたが、
タマン・プレ寺院のオダランでは、まだ必ず見掛けます。


コメント

非公開コメント

ファンです!

去年、グヌンルバへ参拝に出かけた時に見つけて大喜びで買いました。正装姿でたらいの前にじっとしゃがんでクオリティを確かめる私が注目の的になり、周りから「ちゃんと良いのを売ってあげてね」と言う注文や笑いが飛び出して、ダガン自ら値下げする、という貴重な体験をしました。一艘5000rp。五艘も買ってしまった。

Re: ファンです!

マリコさん


私も昔から好きで、今回やっと、写真を撮りました。


> 去年、グヌンルバへ参拝に出かけた時に見つけて大喜びで買いました。

グヌンルバでもまだ売っているんですね。


> 正装姿でたらいの前にじっとしゃがんでクオリティを確かめる私が注目の的になり、周りから「ちゃんと良いのを売ってあげてね」と言う注文や笑いが飛び出して、ダガン自ら値下げする、という貴重な体験をしました。

マリコさんらしいです…

カデもテストはさせてもらっていましたけど。

この他に電池で動いてキャンキャン言う犬を買ったんですが、
それも、何匹もテストして、動きを確認させてくれました。
こういう露店のダガンって、その辺、大らかですよね。

犬も、やっぱり、値切ってなかったですけど。


> 一艘5000rp。

バリ人のカデの半額!(笑)

そう言ったら、「え~」と悔しがってました。
でも、カデは日本人より値切るの下手かも(笑)。


> 五艘も買ってしまった。

ポンポン競艇開催?

もう、書かないんですか?

Re: タイトルなし

> もう、書かないんですか?

いえ、1カ月以上間が開くというのは、このブログでは普通です・・・
また、書きますので、ときどき、覗いてみて下さい。

よろしくお願いします。

(今は、仕事が忙しくて軟禁状態で作業中でネタも時間もありません・・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。