言葉は生き物

7月16日にはるかがピカピカの1年生となり、3週間ほどが過ぎました。
とは言っても、通っていた私立の幼稚園から、
エスカレーターでそのまま小学部に上がっただけなんですが。

卒業式も入学式もないので、人生の節目という感慨はゼロ。
単なる昨日の延長、という感じです。
(あ、卒業式は一応、モドキのようなものはありましたが…)

進学先、地元の公立も考えたのですが、
朝7時に登校、10時に下校というタイム・スケジュールは、
いろんな意味で勘弁して欲しいので、
とりあえず、小学校は私立に行かせることにしました。

はるかの小学校は朝8時に登校、下校は午後2時半。
土日は休みです。給食も出るので、親がラクできます…(笑)

3週間経って、昨日、ようやく教科書が配布されました。
とは言っても、基本的に学校が貸し出してくれているだけなので、
書き込みは禁止なんだそう。お持ち帰りは可能です。
本が傷まないように、手製のビニールカバーがかけられていました。

とりあえず、昨日、持って帰ってきたのは、
理科、社会、算数、道徳、の4冊でした。
他の教科はどうなっているのか? わかりません。

で、中をパラパラと見ていたのですが。

以下、インドネシア語を学んだことのある人にしか
通じない話題ですが…


2012080701.jpg
理科の教科書です。

一人称が<Saya>ではなく、<Aku>になっているのが新鮮。
所有格も、<Tubuh Saya>とはならず、<Tubuhku>となっています。

(黄色のラインは、目立つように私が加工したものです)



私がインドネシア語を習った時、一人称は<Saya>であると習い、
「こんな表現もあるよ」と、参考程度に<Aku>を教わりました。

日本語に訳すと、
<Saya>は私、<Aku>はアタシ/僕といったところですが、
<Aku>は失礼な印象を与えてしまうので、<Saya>を使いましょう、
みたいな説明を受けた記憶があります。

でも、実際にインドネシアに住んでみると、
TVとかで使われている一人称は、
圧倒的に<Aku>が多いよなあ…と違和感を感じたものでした。

教科書も、そんな時代を反映しているのかも?

もっとも、インドネシア語は<外来語>であるバリ島では、
田舎や30代以上の人には、いまでも<Saya>を好む人が多数派で、
今尚<Aku>という表現に抵抗を感じる人は少なくないのですが…

夫に「どう???」と訊くと、
「う~ん、今風だね。『ぼく、あたし』みたいな感じで、
 子供がとっつきやすい表現にしているんだと思う。問題ないよ。
 でも、ビジネスとかでは<Saya>を使った方がいいね」
とのことでした。

言葉は生き物。
私がインドネシア語を習ったのは、もはや1×年以上前になりますが、
その間に、使われ方も変わってきたなあ…と感じます。

ちなみにはるかは、<Aku><Tubuhku>派です。現代っ子。


コメント

非公開コメント

ジャカルタではakuが主流なような気がします。
私の友人に、ジャカルタの国立病院で勤務しているベテランの女医さんがいるのですが、
彼女もakuを使っています。
当初は、akuは子供が使うと思っていたので馴染めなかったのですが…。

でもバリではsayaが主流ですよね。
バリでakuって聞くと、やっぱり違和感感じます。

Re: タイトルなし

> ジャカルタではakuが主流なような気がします。

バリでも、ジャワ人は<Aku>を普通に使っているように感じます。


> バリでakuって聞くと、やっぱり違和感感じます。

はるか達は、<Aku>を普通に使ってる。
最初は違和感あったけど、慣れちゃった。


私の定宿の子供も、幼稚園の頃はakuを使ってたけど、
小学校に入ってからはsayaを使うようになった。
たぶん幼少の頃にakuを使うのは、テレビのアニメの影響だと思う。

バリではakuは何となく「甘ったれ」みたいな印象があって、
通常、大人はsayaを使う人が多いから、
はるかちゃんも変わっていくような気がするな~。

Re: タイトルなし

> バリではakuは何となく「甘ったれ」みたいな印象があって、

軽薄な印象を与えるので、
年配者に対しては使わない方が無難ですよね。

はじめまして

始めてのコメントですが、いつも、楽しみに読んです。いきなりですが、言葉…生きてますね!! 30年前位に覚えたインドネシア語と久しぶりに訪れたバリ島のインドネシア語…微妙に…サジャがアジヤ、クチールがカチール…地域の差はありますが…。何時も居ないから、戸惑います。因みに、私もSayaです。

Re: はじめまして

> 始めてのコメントですが、いつも、楽しみに読んです。

ありがとうございます。


> いきなりですが、言葉…生きてますね!! 30年前位に覚えたインドネシア語と久しぶりに訪れたバリ島のインドネシア語…微妙に…サジャがアジヤ、クチールがカチール…地域の差はありますが…。何時も居ないから、戸惑います。因みに、私もSayaです。

言葉の始めの子音をはっきり発音しないのは、
聞き馴れてしまっていましたが、
もしかしたら、今風の話し方なのかも知れませんね。

facebook とか SMS のインドネシア語になると暗号のようで、
理解不能の領域です。

>facebook とか SMS のインドネシア語になると暗号のようで、
>理解不能の領域です。

すごくわかります、この感覚。
日本人同様、インドネシア人も言葉を省略することが多いですよね。
日本語の場合、元々が漢字だとある程度意味の推測は可能ですが、
インドネシア語の場合は単語の最初のアルファベットのみを使って省略語を作るので、
インドネシア語に精通してないと、本当に意味不明…。

日本でもインドネシアでも、「年齢」を感じちゃうわ~。

Re: タイトルなし

> 日本人同様、インドネシア人も言葉を省略することが多いですよね。

あと、わざと「聞いたまま」に綴るのも流行ってるね。
別に正しい綴りを知らないわけじゃなく。


> インドネシア語に精通してないと、本当に意味不明…。

母国語にしている人でも、ガウルな性格でないと難しいかも…(笑)


> 日本でもインドネシアでも、「年齢」を感じちゃうわ~。

本当に。


>あと、わざと「聞いたまま」に綴るのも流行ってるね。

へぇ~、そうなの?
全然知らなかった…。
「I love U」みたいに、書くってこと???(って例示が古すぎ?)

私の場合、インドネシア語はある程度話せても、綴るのは苦手なので、
間違えて書かれたら、それを信じちゃうかも…。
それでもSMSをするようになって、
少しはインドネシア語を書けるようになったつもりだけど、
今でも「R」と「L」や、「e」と「u」は、調べないとわかんないこと多いです。

Re: タイトルなし

> 「I love U」みたいに、書くってこと???(って例示が古すぎ?)

まあ、そんな感じ。


> 少しはインドネシア語を書けるようになったつもりだけど、
> 今でも「R」と「L」や、「e」と「u」は、調べないとわかんないこと多いです。

私もいまだにそうなので、読み書きは億劫です。
耳で聴き分けられないんですね。

いつもはるかに怒られてます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。