トゥグ・バリ Tugu Bali

いまさらながらで恐縮ですが、ギリギリまだ松の内ということで。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


さて。
こちらもいまさらなんですが。

1年以上前に取材したホテルの写真レポを、
BALI HOTEL BOOKに掲載しました。

こんなに時が経ってしまった理由は・・・

写真の数が膨大すぎて、思い入れもありすぎて、
時間をかけて整理する余裕が取れなかったからです。
スミマセン・・・

取材後、これといった大きな変化は生じていないようですが、
ホテルも生き物ですので、若干の食い違いはあるだろう・・・ とは思います。
何卒、ご容赦を。


さて、そのホテルとは。
チャングーにある、トゥグ・バリです。



20120112_01.jpg
これ、レストランです。
バレ・ストラといい、グループ専用の要事前予約レストランになっています。
饗されるメニューも決まっています。


20120112_02.jpg
お正月向けの1枚。(バロン = 獅子舞という発想)

レストランに、こんなアンティークのバロンが棲息しているのが、いかにもトゥグ。
とにかく、全館がアンティークで埋め尽くされたホテルです。


20120112_03.jpg
スパのインテリアも凝りすぎなほど。



確か、トゥグのオーナーは中国系インドネシア人だったはずで、
このホテルの調度品やお食事には、
中国とインドネシアの二つの文化が混ざり合さった、
いわゆるプラナカン・スタイルがふんだんに取り入れられています。


20120112_04.jpg
いろんなガイドブックやフリーペーパーに写真が出ている、有名なバスタブ。


20120112_05.jpg
モネが画板を持って座っていそうな睡蓮の池。




実は、私がバリ島の旅行会社で働き始めて間もない頃(大昔)、
一番最初に、視察に訪れたホテルが、このトゥグ・バリでした。

つまり、今回は2度目の訪問だったわけです。

1度目の時は、パッケージ・ツアーの現地手配を行う会社にいましたので、
まずは、ヌサドゥアの5ツ星ホテル辺りに行くべきところを、
「どうしても、このホテルが見てみたい~」
と上司にお願いし、見学に行かせてもらったのでした。
(新米のくせに職権乱用とは!)

その後、パッケージ・ツアーご用達の大型ホテルも含め、
数え切れないほど多くのホテルを視察してきましたが、
トゥグ・バリは、私にとって、バリ島ホテルの原点ともいうべき存在です。

じゃあ、なぜ今までBALI HOTEL BOOKでは扱っていなかったの?
とお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、
実は数年前までは、地味ながら扱っていました。
その後も、リクエスト・ベースではご予約を承っていました。
でも、残念ながら、知名度の低さ、場所の不便さ、
価格の問題などもあって、あまりご予約に繋がりませんでした・・・

そして。

1年前、お世話になった某ホテルの営業さんがトゥグ・グループに転職、
(転職、というよりは、古巣に戻った・・・ というのが正しいのですが)
ぜひ、視察に来て欲しいと言われ、再訪しました。

で、変らぬ佇まいに感動した・・・ というわけです。

あの辺りもかなり開発が進み、以前ほど、不便ではなくなっていますが、
クタやスミニャックのような猥雑さとは無縁で、なかなかよいです。


詳しい写真レポをBALI HOTEL BOOKに掲載しました。
興味のある方は、下記からリンクしてご覧いただけます。

トゥグ・バリの写真レポ


下手な写真の羅列で恐縮ですが、
少しでも、トゥグ・バリの空気のようなものが伝われば、嬉しいです。






★ 追記 ------------------------------------

初めて訪れた時に、業界ド素人だった私を親切に案内してくれた、
当時のトゥグ・バリのスタッフの方(インドネシア人)は、
その後、複数のホテルに転職され、その都度お世話になりましたが、
数年前に他界(病死)されました。

あまりにも個人的な記憶ではありますが、
この場を借りて、お悔やみ申し上げます。



コメント

非公開コメント

AYAKOさんとの初めての出会いはトゥグ・バリへ送って下さる車中だったか、と。
映像で記憶が甦りました。
娘が4歳くらいだった気がするので、わーヽ(´Д`;)ノ 10年以上前だわ~。

滞在中の一時的に時の流れが止まったような不思議な感覚、
あれはトゥグ・バリ独特の風情ですね。
いいホテルでした。

Re: タイトルなし

> AYAKOさんとの初めての出会いはトゥグ・バリへ送って下さる車中だったか、と。

懐かしいですね~


> 娘が4歳くらいだった気がするので、わーヽ(´Д`;)ノ 10年以上前だわ~。

今度の4月で、高2になるんですよね?
早い・・・

うちの娘がすでに5歳で、今度の7月から小学生です。

>
> 滞在中の一時的に時の流れが止まったような不思議な感覚、
> あれはトゥグ・バリ独特の風情ですね。
> いいホテルでした。

チャングーも随分と開発が進みましたが、
それでも、スミニャック辺りに比べたら、
まだまだ、時の流れはゆるやかです。

近所には、アメティス・ヴィラがあります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。