アウトリガー(OUTRIGGER O-CE-N BALI)がバリにもOPEN!

久しぶりの更新。ばりばりに仕事モードです。スミマセン。

レギャンとスミニャックの境界エリアのビーチ添いに、
OUTRIGGER O-CE N BALI が2008年4月にオープン!

gkn1.jpg
サンセットも期待できるレギャン・ビーチを一望。

gkn4.jpg
大学のキャンパスのような、明るくモダンな建物。

場所はサンジー・バー(改修工事中・・・)のお隣です。

見学当時(4月17日)、ビーチ添いのレストランが一部、
まだ工事中でしたが、6月には完成の予定だと言っていました。
宿泊はすでにできます。(問題なく・・・かどうかは、不明)

リビング、ダイニング、キッチン付きの、
2ベッドルームや3ベッドルームのユニットを多数持ち、
ホテルというよりは高級マンション、コンドミニアムといった趣。
3階以上のお部屋はオーシャン・ヴューとなっているそうで、
立地上、壮大な夕日も期待できます。

htl_rm.jpghtl_bath.jpg
最も安いHotel Room のお部屋でも立派なリビング・セットあり。
Suite は寝室が独立し、ダイニングやキッチンが付きます。
バスルームは全カテゴリー共通でシャワーのみ。バスタブはなし。でも明るい!


インテリアは余分な装飾を省いた、
徹底的にモダンでスタイリッシュなデザイン。
部屋を飾る絵画ですら、ただの装飾ではなく、間接照明として機能しています。

全室、バスタブはなく、シャワーのみとなっていますが、
明るく、清潔感があります。

そしてあの台所! 我が家に欲しいです・・・
台所は現実的な設備、やはり、アンティークよりもモダンがいいです。
 (そういう我が家の台所は、アンティークの部類に・・・ 煤けた釜戸もあるし・・・)

1bd_kcn.jpg
コンパクトながら設備充実の近代的な台所。
我が家のそれと比べると、溜息が・・・(ふう)
立派すぎるヴィラの台所よりも身近に感じる分、憧れも強く。
 (立派すぎる台所は、もはや他人事でしかない・・・)


1bd_kcn2.jpg
火災が防ぎやすい、火を使わない電気コンロ。
日本では普通になりましたが、バリではまだまだ珍しい存在です。
この辺も、ホテルというよりはマンション風。
このコンロなら、高層住宅・・・じゃない、ホテルでも安心です。


写真を見ていただければお分かりのように、
バリらしさやオリエンタル・ムードは微塵もありませんが、
意識的に排除されているわけで、
それがレギャンという無国籍な環境にもマッチしています。
ここまで完全に割り切っていると、
媚びのない、いさぎよさのようなものを感じます。

視察時もホテル見学というよりは、
マンション購入のためにモデル・ルームを訪れているような気分になりました。

「お父さん、あたしもこういう家に住みたい。
 とっても素敵だし、海に沈む夕日も見えるなんて、お友達に自慢できるわ!」
「お父さんの稼ぎでは、こんな場所のこんな新築マンションは無理だよ」
「・・・じゃあ、何故見に来たの?」
「人生には、夢や希望が必要だからさ。
 モデル・ルームは、必ずしも買う目的で訪れるものではないんだよ。
 まあ、いつかね」

・・・と、二人でおバカな会話を繰り広げながらの視察となりました。
 (二人とも、思いっきり”バリ”な住宅事情なもので・・・)
「泊まりたい」というよりも、「住んでみたい」という物件でした。

BALI HOTEL BOOK のサイトに全カテゴリーの写真と、
料金も掲載しましたので、ご参照下さい。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。